マインドフルネスとは


マインドフルネスってなに?

 「マインドフルネス」という言葉を文字通りに読むと「mindが満たされた状態」ということになります。
実際は、ブッダの教えである「八(はっ)正道(しょうどう)」のひとつ「サティ(sati)=正念」を英語の「Mindfulness」に置き換えたものと言われています。漢語では「念(こころの働き)」と訳し、「心にとどめておかせる働きとしての注意」という意味になります。
漢語の念は、「今に心」と書くように、まさにマインドフルネスそのものを表す言葉ともいえるのではないでしょうか。

「今この瞬間の経験に、意図的に、判断をせずに注意を向けることにより現われる気づき」
(Jon Kabat-Zinn)
マインドフルネスは、「今、この瞬間に意識を向け、様々なことにとらわれることなく、ありのままの自分を感じること」と考えられています。


 マインドフルネスが欧米に広まったのは、ベトナム中部生まれの禅僧、ティク・ナット・ハン師が、仏教の教えを「マインドフルネス」として欧米をはじめ世界に紹介したことがきっかけでしょうか。
その後、1970年代の終わりに、マサチューセッツ大学名誉教授のジョン・カバットジン博士がマインドフルネス・ストレス低減法*1という8週間のプログラムを開発しました。このプログラムは、当初、慢性疼痛(とうつう)(長期にわたる心身の痛み)に悩む人々のために考案されたもので、それらの患者を対象にこのプログラムを実施したところ、痛みやそれに伴う不安、抑うつ状態が改善されるなど、科学的な効果が実証されました。
 さらに、第三世代の認知行動療法の中心として、いくつかの心理療法*2にマインドフルネスが取り入れられました。うつ病などさまざまな精神的な悩みを抱える方々を対象におこなった結果、薬を使わずに症状の軽減効果が得られ、専門家の間で注目を集めるようになりました。
その後、マインドフルネスはさらなる広がりを見せ、脳科学の世界でも注目を集めるようになってきており、効果が実証されています。日本で広く知られるようになったのは、2014年くらいからでしょうか。今では、多くのテレビ番組や新聞、科学雑誌から女性誌にいたるまで、マインドフルネスの瞑想やその効果が取り上げられるようになりました。

いろいろな悩みは欲望や感情や思いにとらわれることに原因があるという仏教思想や心理療法の考え方に基づき、今ここの身体感覚に注意を集中し、さまざまな欲望、感情、思いと距離をとり、それらに引きずられない力を瞑想トレーニングを通して身に着けていきます。
 
*1.マインドフルネス・ストレス低減法(Mindfulness-Based Stress Reduction; MBSR)
ジョン.カバットジン博士が開発した8週間プログラムからなるストレス対処法。1979年、マサチューセッツ大学医学部に創設された「ストレス低減クリニック」(現:医療・ヘルスケア・社会のためのマインドフルネス・センター)にて、当社慢性疼痛に悩む患者を対象に実施され、その効果について科学的に効果が実証されています。

*2.マインドフルネス認知療法、アクセプタンス&コミットメントセラピー、弁証法的行動療法など

 

ページの先頭へ戻る